飛蚊症に効くサプリといえば?ルテイン配合のものを選べ!

飛蚊症に効くサプリといえば?ルテイン配合のものを選べ!

飛蚊症に効くサプリルテインが良い?

飛蚊症の治療〜生理的飛蚊症〜

 

■生理的飛蚊症の治療法・改善法
生理的飛蚊症とは、加齢や老化によって起きる飛蚊症であり、病気が原因のものではありません。飛蚊症は眼科で診てもらいますが、生理的なものだった場合は「心配する必要はないですよ」と言ってもらって終わると思います。悪い病気が原因ではないのでよかったですね。という意味でもありますが・・・実は「生理的飛蚊症には治療法はないです。」ということです。

 

生理的飛蚊症は、加齢や老化によって硝子体に老廃物などが溜まったり、身体の組織を酸化させる活性酸素が通常なら分解されるところを十分に分解できず、活性酸素が飽和状態になって硝子体の組織を壊してしまうからです。老廃物や活性酸素は、投薬で除去できませんし、手術で取り除くこともできません。

 

生理的飛蚊症の場合は、食生活を気をつける方法で改善することができます。活性酸素を分解してくれる酵素を補う食事や、抗酸化物質を含む食品、硝子体に蓄積された老廃物を除去する食品を摂ることで改善できます。これらは長期的に、ゆっくりと改善させる方法なので、長い目で続けていかなければいけません。

 

なによりも大切なのは、病気が原因ではないので心配しすぎない・気にしすぎないことですね。気にしすぎるとストレスになりますが、ストレスも飛蚊症を悪化させる原因のひとつなのですよ。

 

 

飛蚊症を起こす主な病気、改善にはルテイン

 

■硝子体が濁って起きる「飛蚊症」
ぼうっと景色を眺めていると、ふと視界の中に糸くずのようなものが浮いているのを見たことがありませんでしょうか。目線を変えると、追いかけてくるような動きをするのが特徴です。それは飛蚊症といって、視界のなかに蚊やゴミのようなものが浮遊して見える目の疾患です。

 

目の組織の硝子体という物質に、何らかの原因で濁りが作られてしまうことで、浮遊物が視界に現れるようになります。飛蚊症は加齢やストレス、目の疲労が原因で起こることがほとんどです。目を酷使すると、老廃物が硝子体に溜まって濁りを作り出してしまうのです。

 

 

■原因、飛蚊症になりやすい人
飛蚊症には生理現象が原因で起きるものと、病的原因で起きるものがあります。生理現象で起きる飛蚊症、「生理的飛蚊症」と呼びますが、これは加齢によって組織が老化したり、目の疲労によるもの、生まれつきのものなどがあります。

 

それ以外では、次のような病気が飛蚊症を引き起こす代表的な原因です。

 

・後部硝子体剥離
・硝子体出血
・網膜剥離
・糖尿病性網膜症
・ぶどう膜炎
・光視症        などなど・・・。

 

眼底の網膜が剥がれることで起きる網膜剥離、糖尿病の合併症で飛蚊症になる糖尿病性網膜症などがあります。飛蚊症になりやすいのは、一昔前は30代以上・40代前後から悪化してくると言われていましたが、現代ではパソコンやスマートフォンの普及で飛蚊症になる若者が増えています。

 

また、近視の人は、眼球の形から飛蚊症になりやすいと言われています。喫煙をすると血管が萎縮するので、動脈硬化や高血圧になりやすいです。それによって眼球で出血が起きて硝子体が濁ることもあるようです。

 

■改善方法
病的な飛蚊症は、原因である病気を取り除くことで飛蚊症を改善できます。しかし、生理的飛蚊症ですと薬や手術での治療はできません。ストレスや疲労を極力無くしたり、目に必要な栄養をとるといった生活習慣の見直しで治療を行っていきます。

 

レーザー治療で硝子体の濁りを細かくし、飛蚊症を小さくする方法があります。中には硝子体手術という、硝子体を交換して濁りを取り除く手術法もあります。しかし目の手術って、それだけでリスクがとても高く、日本ではほとんど行われません。病気が原因でないものはできるだけ、手術以外の方法で治していきたいものですね。

 

そこで目に良い栄養素を摂って改善する方法です。特におすすめなのは「ルテイン」という栄養素。ルテインは抗酸化作用を持っています。目の組織が老化によって形を変えてしまいますが、そもそもこれは体に活性酸素という組織を酸化させる物質が発生するためです。活性酸素に立ち向かってくれる、抗酸化作用を持つ「ルテイン」の補給で、飛蚊症を改善しましょう。

 

生理的飛蚊症について〜メカニズム〜

 

■生理的飛蚊症はなぜ起きる?
人間の眼球の内部は、「硝子体」という、ゲル状の物体で満たされています。目に光が入ってくると、眼球の角膜と水晶体を通過し、一番奥の網膜に到達して脳内に視界の映像を届けます。

 

飛蚊症に効くサプリを起こるメカニズムとして、あることが原因で硝子体の繊維組織が壊れ、繊維が硝子体の中に浮かびます。そうすると硝子体が濁ってしまい、視界の中に影が浮かんでいるように見えるのです。これが飛蚊症です。

 

加齢やストレスでも繊維組織が壊れますが、目に光を浴びる時に一緒に浴びる紫外線が原因とも言えます。紫外線が目に入ると、硝子体の中に活性酸素を作り出してしまいます。活性酸素とは体の組織を酸化させ、老化させるのですが、目の場合これが硝子体の組織を壊してしまうのです。

 

加齢で飛蚊症が起きると言いましたが、厳密には直接的にではなく、加齢によってこの活性酸素を分解する能力が衰えてしまうので、若い人に比べると飛蚊症になりやすくなってしまうのです。

 

若いと体の活性酸素を分解するための「酵素」を必要な分だけ生産できますが、40代を過ぎる頃になると酵素が減ってしまいます。40代前後の頃に飛蚊症の症状が悪化する人が多いのは加齢のためだったのですね。

 

■生理的飛蚊症の予防
飛蚊症の原因は活性酸素が生産されてしまうことにあるので、発生させないために紫外線予防をするのが大事です。日差しの強い日中はUVカットのサングラスをしたり、紫外線を発生するテレビやパソコンを見過ぎないように注意したりしましょう。

 

紫外線を浴びてできてしまった活性酸素の生産を分解させる対策も知っておく必要がありますね。活性酸素を分解してくれる酵素は加齢によって減るので、食事などから栄養素として摂取するなどしましょう。

 

また、酵素はストレスを溜めることでも減少します。ストレス解消は自分にあったものを見つけるのがいいですよ。大声を出したり、運動で思い切り汗をかくなど、ココロがリフレッシュできることを見つけましょう。

 

コレステロールを抑える食事法

 

コレステロールを抑える食事法があります。ここでは4つ、それについて紹介していきたいと思います。コレステロールが増え過ぎてしまう原因はいくつかありますが、ここで特に意識してもらいたいことが、次の4つになります。

 

@食べ過ぎないこと。
まずは、食べ過ぎないこと。非常に単純な話にはなりますが、食べれば食べる程、肝臓で合成されるコレステロールの量は増えます。余分なエネルギーは、肝臓において中性脂肪へと変換されるのです。そのため、食事を摂り過ぎることは血中の中性脂肪増加に直結する一因となります。

 

A脂質の量と質に注意する。
たんぱく質はコレステロールの面から考えるならば、動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質の方が大事だとされています。動物性の方が含んでいる脂質量が多いためです。また、動物性たんぱく質を含んでいるのは肉や魚、卵になりますが、摂取する際には肉よりも魚を食べるようにしましょう。肉を食べる場合には赤身がオススメです。鶏肉の皮は脂が多いため避けるようにしましょう。一方で、植物性たんぱく質の代表食材は大豆になります。

 

B調理法にひと工夫を加える。
調理法に工夫をすることでもコレステロールの対策ができるようです。例えば、肉を食べる場合には揚げるよりも焼く方が摂取カロリーを抑えることができ、健康的です。特にグリルで焼くことでさらなるカロリー減少が期待できます。

 

C食物繊維をたくさん摂取する。
食物繊維には腸におけるコレステロールの吸収率を下げる働きがあります。体内に吸収せず、体外へ排出できる量が多いということです。また、摂取する上で望ましい時間帯があります。1日3食、毎日決まった時間、といった形で、規則正しく摂取するようにしましょう。特に、夜食などの夜遅くの食事はお勧めできません。

 

以上が4つの食事法になります。コレステロールによる病気は自覚症が薄いですから、こうした食生活などの改善に取り組んでいくことが大切になります。少しずつ習慣づけていくようにしましょう。

 

参考:コレステロールを下げる!とっておきサプリ特集

copyright 2016 飛蚊症に効くサプリといえば?ルテイン配合のものを選べ! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。